Go!Go! エクセルマクロをはじめよう!

自動印刷マクロ教材

「自動印刷」を極める!

面倒なデータの 差し込み も、 制約だらけの VLOOKUP も、
もう一切、 無用です!!



↓↓↓画像をクリックすると動画再生を開始します。(音声なしのデモ)


その1「請求書差込印刷編」(約2分半)





その2「宛名ラベル編」(約2分半)





こんにちは、三太郎です。


皆様からの熱い要望にお応えして、2017年にわたくし三太郎が満を持して世に送り出した 最高峰!最高傑作! と言える 初中級者向けのマクロ教材 です。


この三太郎式の最高傑作を飾るテーマ「自動印刷」というのは詰まる所、

時間の掛かる手動の「差し込み印刷」や、制約多くて厄介な「VLOOKUP関数」での
データ抽出をターゲットとして、それらを解消する事を目的としたものとなります。



そもそも、大量のデータから差し込み印刷等する場合の基本は データの転記です。 その都度、必要なデータをそれがある場所から引っ張って来なければなりませんね。

けど、別々のシートから紐付けされたデータを捜し出して 必要なデータを引っ張ってくるために、複雑なVLOOKUPを組んでやる というのは実に大変です。それが至ってExcelユーザーの皆さんを悩ます厄介な くせ者 だと思います。

普段からVLOOKUP関数を使っている人ならよくご承知のように、
VLOOKUPには色々な欠点があります。


その欠点を補うためには、色々な他の関数(IF関数やら、MACHやら、 INDEXやら、INDIRECTやら、etc・・・)と 組み合わせて使うしかないわけですが、、

複雑な条件になってくると、これがどうにも 複雑怪奇! 次第に手に負えない状況にもなってくる思います。
VLOOKUPは、まさしく手に負えないブラックボックスなのです。

特に複合条件で使おう思うと、#REF や #N/A のようなエラーが沢山出まくって、 VLOOKUPの欠点に振り回されてしまう。。。
VLOOKUP関数を使ったことのある人であれば、そのような苦い経験は誰にでもあろうかと思います。



★知らない人も居るかと思いますので、ちょっと解説しますと


差し込み印刷とは、

共通したレイアウトの一部分に別のデータを差し込みながら 印刷すること。(挨拶状などの宛名を住所録のファイルから 読み込んで印刷する場合などに行う。 )


VLOOKUP関数とは、

多くのデータの中からピンポイントで検索したい値に対応する 値を返してくれるセル内に直接組み込むワークシート関数の一つ。(VBAの関数ではありません。)


VLOOKUPの欠点とは、

空白文字のあるなしでヒットしなかったり、 取り出せるデータは最初の1つだけだったり、 与えられる条件も一つだけで複数の条件設定が出来なかったり、
「左端列が・・・」とか、「列順が・・・」とかの問題だったり、etc、etc


というものです。



話を戻しますが、

一方、「自動印刷マクロ」では、 VLOOKUP関数は一切不要で、あっちこっちから必要データを引っ張ってくるのも 容易に簡単です。

それも、 たった10〜30行足らずの短いシンプルなプログラムで、 VLOOKUP特有の欠点もすべて解消できますし、

また、各種の応用も2、3行の修正のみで簡単に色々できて、 応用拡張したい場合の時間の浪費もなくなります。

もちろん、その応用範囲は広く、「印刷」だけに限りませんから、

たとえば、PDFファイルに落とすとか、一覧表に出力するとか、 簡単に色々なアウトプットへの応用が容易に簡単です。


「あ、これさえ出来れば データの差し込みも、ややこしいVLOOKUPも、もう不要!」



はっきり言いますよ、

厄介なVLOOKUPなんて使っちゃダメですよ!
絶対に、使ったらダメ!!

騙されないでー!
少々でもマクロの出来る人が、『厄介なVLOOKUP』なんかわざわざ覚える必要がある訳がないのです。


いえ、決してすべてがダメとは言いません。単純なVLOOKUPは 使っていいですよ。
色々組み合わせる必要のないケースです。その場合は便利です。

けど、複雑な表のケースでは絶対、使ったらダメです。

なぜならば、
それ、ぜーんぶマクロで簡単に解決できますから。。。
しかも、VLOOKUP覚えるより「ずーっと簡単にー!」です。(^^)v

いえ、「ずーーーーーーーっと、簡単にーーーーーーー!!!」
このくらいにはなるかも知れません。(笑)


勿論、マクロでやればワードもアクセスも必要ありませんね。 なにせ、自動化で簡単便利なエクセルのマクロですから・・・。

マクロが簡単なのではありません!
VLOOKUPが"複雑怪奇"で使い難い
だけなのです。(複雑好き(!?)なマイクロソフト社が仕様を考えて作ったものですから・・・笑)


要は、効率よくExcel自動化をするために、より簡単で効率的、且つ 確実なやり方を選べばいいだけ、の話です。


実は私、

人並み以上にマクロが出来ますので、VLOOKUPなんか一切使ったことがありません。 VLOOKUP、実はほとんど詳しくは知りません。(笑)

でも私、これまで一度もExcelで苦労した経験がありません!

マクロでやる方がずっと簡単で、応用も利き、かつ VLOOKUPのような制約も一切ありませんから・・・。


それでこの度、

VLOOKUP経験者でVLOOKUPのヘビーユーザーの読者の皆さん からのご意見、ご不満、ご協力とを得まして、

「VLOOKUP不要!」の簡単マクロ教材を作りました!

この三太郎チームで開発したマクロ教材で学んで、 複雑怪奇で厄介なVLOOKUPは永遠に撲滅(抹殺!) させちゃいましょう!!


今回ご協力してくれた中のお一人から、

「あ、これだとVLOOKUP関数はもう要らないですね。」 そう言われました。

「これまで苦労して、時間も使って、 せっかく必至でVLOOKUP覚えて沢山組んできたのに 全部無駄!?ちょっと寂しい。。。」そうも言われました。

なので、あなたもきっと、 「使いたいのに、VLOOKUPはもう要らない。」(T_T)
てな事になるやも知れませんので、その点だけは覚悟しておいて くださいね。(笑)


普段からVLOOKUP使ってる人も、
これからVLOOKUP使いたい思っていた人も、、

せっかく覚えた言う人には大変申し訳ないですが、 誰が何と言おうとも、VLOOKUPはもう捨てて マクロで全部やることを、強く強く、私はお勧めしたい次第です。そのほうが 断然楽ですよ!


それで、

とにかくこれを自分の最高傑作の教材になりますようにと、 又、とにかく皆さんが手軽に役に立つ最高の教材を作ろうと、、

2ヶ月間集中して、精力的に奔走して、全力でこの教材の制作に取り組んで参りました。

「手軽に」が、特に重要ですよ。

「手軽に」できないものは殆どの人には役に立たないですから、 VBAのカタカナ専門用語や難しい仕組みを理解しないと できないマクロなんて、殆どの人には役立ちません!

ただし、

その「手軽に」いうのが、作り手にとってはこれが一番難しい。。。

殆どのVBA講座は、この「手軽に」が全然できてないわけです。 本でも全然手軽ではない参考書ばかりですね。だから皆すぐに脱落する。

かいつまんで言ってしまうと、この教材のテーマは、

・自動印刷を極めると、VLOOKUPはもう要らない!

極限までその「手軽さ!」を実現する、です。


この実行デモ動画(このページの上方)を見て、

・こういうことがやりたかった!という人、や
・将来、こういう仕事も必要になるだろうなと思う人、

そんな人に最適な教材です。

回り道をしなくても「自動印刷」で役立つマクロを 最短で作れるよう構成してあります。

本講座のレッスン学習をある程度こなして、 マクロ作りの基本を身につけた人であれば、 初心者の方にも手順に沿えばすぐ使えるように、 体系だてました。

三太郎式マクロ教材の集大成です。
たぶん、これが「Excel業務効率化」の”切り札” になります!!

データの差し込みやVLOOKUPの駆使に苦労することも、 この先もうありませんね。
父(^_^)/

マクロで「自動印刷」の仕組みは、いろいろに使えてほんと便利。

近い将来、どんなに大量のデータが押し寄せたとしても、 これでもう、あなたのExcel仕事は安心!楽ちん!ですよ。^^


何かと”働き方改革”が求められている今日この頃ではありますが、 きっと、この「自動印刷」教材を参考に作ったあなたのマクロが、 あなたの職場で急務となっているであろう”業務効率化”の、これがその ”救世主” に必ずやなる思います。

by 三太郎





教材の内容  


■帳票自動印刷編(差込み印刷)

請求書を例に、自動印刷の基本から応用までができるようになるための勉強をします。
自動印刷する基本マクロについてを学び、その応用ケースの【演習】を通して理解を深めてマスターしていきます。

【基本学習】帳票自動印刷の基本マクロ

顧客リスト+売上データから請求書フォームを作って自動印刷するマクロを作る。 (For IF For IF の基本パターンを理解するビデオ解説、 myVLOOKUPマクロを利用する方法、など)

【応用練習問題】(解答の解説ビデオ付き)

演習1:入出力シートの位置変更
演習2:複数の検索条件の場合(2つの条件に一致したデータのみ印刷する方法)
演習3:会員と非会員の価格を分ける(2種類の金額を振り分ける方法)
演習4:ヒットしないの解消やあいまい検索(部分一致やあいまいの条件への各種対応方法)
演習5:明細項目を追加する(明細に備考欄追加する)
演習6:ファイル出力(帳票を別ブックやPDFファイルに自動出力する)
演習7:帳票の採番とヘッダー表示(帳票に連番を振る、ヘッダー/フッダー表示する)
演習8:履歴一覧表出力(請求履歴の一覧リストを出すパターン)
演習9:別々のデータシート時(顧客毎に売上データが別々のシートにあるケース)
番外編:業務日報自動印刷(業務日報を別シートに出力し金曜日の日報だけ印刷する例)


■ラベル自動印刷編(段組み印刷)

顧客リストから条件に合った顧客の宛名をラベルに出す(改ページ自動印刷の方法)、 Excel2007以降のバージョンに装備されたアドイン機能「ラベル印刷ウイザード」は使わずに出来るという ところが良いです。

【基本学習】ラベル印刷の基本マクロ

名簿リストから自動でデータを転記して2列×3段(計6枚)の宛名ラベルを作成しそれを印刷するマクロを活用する。

【応用練習】(解答マクロ付き)

演習1:個人名簿に変更(法人顧客リスト→個人リストへの変更方法)
演習2:組む段数の変更(2×3段(6枚)を2×4段(8枚)に増やして印刷する)
演習3:都道府県別、誕生月別(住所の県別や男女別や誕生月別の条件別に印刷する)
番外編:画像貼付け(所定の位置に画像貼り付けする


■補足(ビデオ解説、他)

補足1 マクロ実行方法の色々_動画解説
  (「印刷ボタン」の作り方や色々な実行方法について
補足2 条件設定方法の色々_動画解説
  (決め打ち、プルダウン、インプットボックス、など)
補足3 大量にデータがある場合の高速化の基本とコツ
  (コンピュータの本質を理解しての高速化方法、myVLOOKUP2を使うなど)



※ご注意事項

・デジタル商品の性質上、商品開封後の返品はお受けすることができませんのでご了承ください。
・この商品は MS-Excel2016/2013/2010 準拠です。本教材にて作成したマクロは Windowsバージョンは
 どれでも問題なく動作します。また、 ご自宅にプリンターが無くても問題なく学習できます
【2021年 以下追記】
・最新のMS-Excel2019、及びOffice365(現Microsoft 365のExcel)上にても正しく動作することを
 確認済みです。



以上



※この商品の単品での販売は終了致しました。



©2017-2022 Go!Go! エクセルマクロをはじめよう!