マクロ検定「問題集」 − GoGoマクロ!のWebサイト

HOME > マクロ検定 > 過去問題集

マクロ検定「過去問題集」

マクロ検定「過去問題集」

この試験問題は、「実際にマクロが作れるか否か?」 を問う為の、真の能力試験の形態(完全記述式)となっています。(ただ選ぶだけの 4択問題や〇×のマークシート試験とは一線を画する、 実際に、マクロを組む為の能力を問う為の試験です。)

これまでに実施した初級マクロ検定試験の過去出題の8問を収録した『過去問題集』を取り纏めましたので、ある程度のマクロ勉強が 進んだ頃に自分のその時々での実力を試す為の「実力診断用」 に、ぜひこの問題集をご活用ください。



【マクロ検定】とは・・・


この検定試験は、読者の皆さんの今現在の「真のマクロ作成能力」を試していただく為の 実践型内容のテストとなっています。

この検定の目的はズバリ、あなたの マクロ作成能力
「見える化」
です。

この検定を受験すると、マクロ作りの基本的な実力が真に備わっているか否かが、これで明確に 自分自身でも判る思います。 また、試験後には合格率や総評等も公表しますので あなたの実力の如何(全体から見たポジションなど)も把握しやすいものとなっています。

残念ながら、本屋の参考書などで独学しようとすると、どうしてもそこに書いてあることの殆どが 無駄に解からないことだらけなので、大半の初心者がすぐに挫折する思います。 また、スクールやセミナーでも、そこで教わる事の殆どがマクロ作りには 必要のない理論や用語の勉強ばかりとなっていて、高いお金を払っても実際 マクロが作れるようになる人は ごく少ないのが現実です。

そこで、当講座では2017年からマクロの真の実務能力を計るための 能力検定を始めました!

このマクロ検定では、真に自分の実力を、マクロの作成能力を「見える化」することで やる気が出ます。マクロ作成の為の勉強に、
「本当は何が必要で、何が必要でないのか。。」

それがよく見えてきますので 「無駄が省ける!」「すぐに成果が現れる!」 よって、勉強の効率化と継続に繋がります。

本検定の一番の特長としては、 真の実務能力 を測る為に 「カンニングあり!」のテストだということです。

これまでに類を見ない画期的な試験形態で、真の実力が試せる試験を実現するものとなっています。 従来型の、記憶力のいい人だけが合格するといった暗記ものの試験では一切ありません!

そもそもが、
会社や自宅などで行う実際の業務に、カンニングなんて概念は一切無いわけです。

だから本来、実務能力を問う為の試験に「カンニング禁止!」(何も見ちゃダメ!) なんていう制約を設けること自体が、実におかしな話だと思う次第です。 (そうは思いませんか?)

なので、

この検定では、試験中に見れるものは何を見てもまったく構いません。
検定の最中に、ネットでも参考書でもアンチョコでも、その他何でも 自分が見れるものがあれば何を見ても構いません!全然OKです。

仕事で使うマクロ作りに何を見ても構わないのと同じ環境で試験はやらないと、 本当の意味での「マクロ作成の”実務能力”なんか試せるわけがなかろう・・・!」 と、そう考えます。

どうしても、

我々日本人いうは、子供の頃から学校で散々まる暗記重視の勉強ばかりを やらされてきましたから、、 それが、当然だと(マクロ勉強の場合でも・・)思い込んでる人いうのが非常に 多いかと思います。

実際、仕事に役立てる為の資格なんかの試験の場合でも、 そんな誤った思い込みをしてしまってる試験ばかりだ、、と 常々からそう感じてなりません。

でも、

むしろ実務の場合では、資料も何も見ずに仕事なんか出来る 訳がないですよね。

何でも見ながら受けられるこのような試験の形式である方が、ずっと実践的であり、実務に近い あるべき試験の姿であろうと、そう確信する次第です。

だからこそ、

このマクロ検定では、あえて本当の意味での真の実践能力を問う為の「実務型の試験」 その形態にとことんこだわって、実施するものです。

それこそが、私が長年やりたいと思い描いてきたマクロの検定であり、 真の「実力診断テスト」というものになります。

本検定では、仕事中と同じように試験中に本を見ようが、ネットで調べようが、 目的とするExcel業務のマクロ(自動化)が(その為の正しくデータ処理のできるマクロが)組めれば それで万事良いわけです。それ以上に学ぶべき事など、何一つあるわけがありませんですから、逆に わざわざカンニングを禁止にする理由など どこにもありませんね。

それに加えまして、

それでこの検定では、カンニング監視役の試験官というのも不要になりますから、 自宅でも何処でも受験が可能となりますので、わざわざ 遠くの会場まで出かけて行く必要もなく、移動の時間や交通費の無駄も無く、 自宅や職場や好きな場所で、何処ででも居ながらにして受験することができます。

このような検定を受けることで、自分の真の実力が診断できれば、 マクロの勉強で「何が本当は必要で、何が必要でないのか。」 それがよく見えて来ます。

例えばですが、ダイエット中に体重計に乗らない人が まずダイエットに成功するわけがない わけでありますから、、

マクロの勉強中に検定受けとかないと、(すなわち、 自分自身に足らないものと不要なものを把握しながら 勉強進めて行かない事には・・)成功は望めやしない と思います。

是非この超実践的な問題を解くことで、今後のマクロ勉強の方向性や 作業効率化へのモチベーションの向上を図って頂ければと 願っています。

>> 受験者の声



自己採点ができます!


この問題集には、各問題に容易に自己採点が出来る 「テスト仕様書」 なるものが付いています。

「テスト仕様書」って、何だか分かりますか?

職業プログラマーの人や製造業で品質管理の仕事 をされてる人であればよくご存じかと思いますが、

特に、マクロのプログラムみたいなソフトウエアを 作成する場合、
ハードウエアとは違って 目には見えないソフト作り になりますから、

そのような 品質を管理する為のドキュメント(書類) というのが欠かせません。

例えばですが、

自動車工場の製造ラインで、完成した車にドアや タイヤや、のつけ忘れがもしあったならば、誰が 見てもそれついてないことはすぐわかるわけです が、

ソフトウエアの場合には、何かの処理を付け忘れて いたからといって、誰も(作った本人も)気付きは しません。

自分や社内のよく知った人が使うマクロを作るので あれば、そんな書類はいちいち作らなくても、仮に 車に乗った人がいざ運転しよう思ったら、

「この車、ハンドルついてねーじゃないかよっ!」 ってなった場合にでも、 「あ、ごめんなさい!すぐ取り付けます。」m(__)m で済むわけです。(笑)

けど、

それを、「これはトヨタの車です」として出荷する ことは到底できないわけありますから、マクロの ようなソフトウエアを作る際でも、

お客様から(社外の誰かから)料金を貰って制作 する商品には、ちゃんと品質保証をしなければ (ちゃんとしたその手の書類を書かなければ、) 到底、これは、

自信を持って世に送り出す「我が社の製品です。」 と言って、出すことなど許されないわけです。

読者の皆さんの多くは、自分や社内で使う目的の マクロしか作りはしないと思いますので、その 必要はない思いますが、

・将来、プロのプログラマーを目指したい! とか、
・副業でマクロ作りの仕事をして稼ぎたい! とか、
・社内のIT部門への配置転換を希望! とか、

そのようなニーズをお持ちの方には、

システム開発現場の プロのSE・プログラマーは、
実際、 どのようなテストをやっているのか?

この問題集に付いている「テスト仕様書」を見て 頂くと、それが手に取るようによくわかる内容に なっています。

そうではない人(自分で使う為のマクロを作りたい だけの人)にとりましても、これは

今回のこの「テスト仕様書」は、セルフチェック での自己採点ができようなっていますので、 自分が組んだマクロの点数が自分で出せる便利な ものとなっています。

これまでにやってきました「マクロ検定」の本番 では、

同じ不合格者の中でも、あともう一歩の惜しい人と、 まだまるっきり骨組みさえも組めてないでいる人と でも、

一項目でも仕様通りのマクロが組めていなければ 一様に皆、「不合格は不合格」でしたから、

今回のこれで、自己採点が70点だった人なら、 問題文の仕様の7割が、
95点の人なら、あともう5点分の何か抜けがあった だけだ、ということが一目瞭然にわかる仕組みを 追加しました。

各テスト項目毎に配点を割り振りましたので、 セルフチャックして〇×を入れていくだけで、 点数が出せます。

つまり、

不合格の場合でも、どこの項目がダメで不合格と なったのか?それが自己採点のセルフチャックで、 〇×を入れていくだけで自分自身で採点できるよう なっています。

それが、この問題集に今回付いてくる「テスト仕様書」 つまりは、 「セルフ採点リスト」 となっています。

この問題集ご購入の皆さんには、是非これを有効に ご活用して頂きまして、「あなたの作ったマクロに点数」を出してみてくださいネ!

全部で計8題の初級問題とその「セルフ採点リスト」が付いてますよ!



 

【初級マクロ検定の過去問題集】の内容


【初級試験の概要】(全8問)

回数    出題内容
第1問・・・名簿リストの加工
第2問・・・社員住所録の条件抽出
第3問・・・生徒成績表の成績判定
第4問・・・請求一覧表から請求書の自動出力
第5問・・・営業所売上データから売上上位表彰部署を出力
第6問・・・気温データの一覧から条件抽出&グラフ出力
第7問・・・文字列の条件抽出
第8問・・・社員名簿の年次更新処理


【収録内容】

1.過去問題集(計8問)
2.上記の各テストデータ(計8ファイル)
3.模範解答例のコード(計8コード)
4.解説動画(計8本)
5.レッスン形式の作成手順書(計8レッスン)
6.テスト仕様書(計8テスト)
7.基本学習1、2、3



【販売価格】


@ ダウンロード版 (*1)
 価格 24,800円(税込み)

A USBお届け版 (*2)   
 価格 27,800円(税込み、送料別途520円)

(*1) ダウンロード版の場合、動画はYouTube非公開動画にてのストリーミング視聴 の形式でのご提供となりますので予めご了承ください。
(*2) USBメモリ媒体に上記の教材内容全てを収録してご自宅等住所へお届けします。但し、数量限定の商品となりますので無くなり次第、販売終了致します。


その他特記事項:
・本商品は、MS-Excel2010以降の各バージョン準拠です。
 (Excel2010,2013,2016,2019,2021,及びMicrosoft 365(旧Office 365)
 にて正しく動作することを確認済みです。)
・Windowsは、上記のMS-Excelが動作するものであればバージョン依存はなく
 (及び32bit、64bitも含め)何でも構いません。


 

【中級マクロ検定の過去問題集】のご案内

以下は、更にレベルが進んた中級者向けの中級問題集(全2問)のご紹介です。

【オプション価格】 +6,000円

・中級試験の問題&テストデータ&模範解答例のコード

【中級試験問題】(全2回)

出題内容
第1問・・・抽選マクロの作成
第2問・・・人事データの抽出&集計マクロの作成

【オプションの収録内容】

1.過去問題集(計2題)
2.上記の各テストデータ(計2ファイル)
3.模範解答例のコード(計2コード)


>> 問題集のご注文画面へ


 

読者数1万人達成しました!

エクセルで 最大級の
メールマガジン。
まぐまぐ殿堂入り

最新号は 今すぐ ↓↓↓ 登録

メールアドレス:

Powered by
まぐまぐ

完全まぐまぐ配信なので登録安心です!