割り算の余りを出すModの便利な使い方 − GoGoマクロ!のWebサイト

HOME > ノウハウ > 割り算の余りを出すMod

割り算の余りを出すModの便利な使い方


Mod とは、割り算での余りの数を計算するための演算子と呼ばれる( + や - といった記号と同類の)もので、

要するに、「5÷3の余りはいくつ?」という場合に、

 5 ÷ 3 の余りは 2 です。

という計算結果の答えを出してくれる、というものです。

すなわち、

 5 Mod 3 は 2 です。

といった具合になります。

これが割り算の余りを出すための演算(VBAの場合は Mod演算子)です。


それで、これを使って割り算の余りを計算することによって、 例えば、ある数字が

 これは、奇数なのか偶数なのか?

といった判定が、IF文を用いた構文にて可能になります。

すなわち、

 k Mod 2 = 1 ( k を 2 で割った余りが 1 )→ よって、k は奇数である
 k Mod 2 = 0 ( k を 2 で割った余りが 0 )→ よって、k は偶数である

例)
 5 Mod 2 = 1 → 5 は奇数である
 8 Mod 2 = 0 → 8 は偶数である


なお、整数を2で割った余り( 整数 Mod 2 の答え)は、0 か 1 かのどちら かしかあり得ませんので、下記のように書いた場合でも結果は同じで問題は ありません。

例)
 If k Mod 2 = 1 Then
   '奇数の処理
 ElseIf  '又は、ElseIf k Mod 2 = 0 Then
   '偶数の処理
 End If



NEXT >>
マクロはブランクが空いても大丈夫な方法で学びましょう!!
ややこしいロジックが苦手な人はこれを使う
ループの組み方・考え方のコツ



 

読者数1万人達成しました!

エクセルで 最大級の
メールマガジン。
まぐまぐ殿堂入り

最新号は 今すぐ ↓↓↓ 登録

メールアドレス:

Powered by
まぐまぐ

完全まぐまぐ配信なので登録安心です!


エクセルマクロの検定のページ